女性の正装:基本コーディネート・・・

結婚式での正装。形式や時間帯によって様々

結婚式.com » 結婚式 服装 » 結婚式の服装選び(女性の正装)

結婚式・披露宴 女性の服装選び


結婚式・披露宴:ドレスの選び方

結婚式の服装。特に女性の場合は、色々決まりごとがあります。

オシャレで豪華であれば何でも良いと言う訳ではなく、なかなか簡単に決められないのが現実です。

また、結婚式や披露宴のグレードにもよりますが、身に着ける正装によっても3つのタイプに分かれてきます。

● フォーマルウェアー(正礼装)
● セミフォーマル(準礼装)
● インフォーマル(略礼装)

それぞれ3つの服装には決まりごとがあり、特に格式を重んじる正礼装になると、デザインはもちろん、素材やカラーリング、身に着ける小物に関しても色々マナーが生じます。

しかし、一般的な結婚式・披露宴では、セミフォーマル(準礼装)やインフォーマル(略礼装)での装いとなってきます。

と言うのも、晩餐会に出席したり結婚式での花嫁でない限り、フォーマルウェアー(正礼装)を身に着けることはあまり無いからです。

※ご注意
招待状などに「平服でお越し下さい」などと記載されていますが、これはインフォーマル(略礼装)を指します。間違っても普段着で出席しないように・・・

また、昼間に行われる結婚式や披露宴の場合と、午後5時以降に行われる披露宴の場合とでは、身に着けるドレスのデザインやスタイル、そしてアクセサリー類などの赴きも変わってきますので注意が必要です。


結婚式 服装 正装の種類と例(女性の場合)

正礼装:アフタヌーンドレス(昼の装い) アンサンブル

■フォーマルウェアー(正礼装)/昼の場合

名称としてはアフタヌーンドレスとも言いますが、一般的にワンピースを指します。

しかし最近では、アンサンブルやスーツ、ツーピースなどでも良いとされているようです。

また、フォーマルウェアーにおけるデザインは、無地が一般的。
そして、ドレスを彩るアクセサリー類は、パールなどの柔らかい輝きを放つ宝石や、コサージュなどで演出するのが基本となります。

更に、ドレスに合った花や羽などをあしらった帽子などもフォーマルウェアー(正礼装)では欠かせないアイテムとなっています(宴が夜の場合、帽子は避けてください)。

足元に関しては、スエードやサテン素材のパンプスや、ヒールの高い靴を選ぶようにしたいところ。

また、バックに関しては小さいサイズを選ぶようにし、シルクやベルベット素材のモノが良いとされています。

正礼装:イブニングドレス(夜の装い) ロングフォーマルドレス

■フォーマルウェアー(正礼装)/夜の場合

名称としてはイブニングドレスと言いますが、全体的に豪華な演出となります。

ドレスに関しては、背中や胸の辺りが比較的大胆にあいたドレッシーなワンピースで、襟・袖無しのロング丈が基本となってきます。

そして、アクセサリー類も煌びやかな宝石で彩ることとなります。

バックに関しては、小型なものを選ぶようにし、デザインは金や銀、ビーズなどであしらった華やかなものがベストとなってきます。

また靴に関しては、シルクやエナメル素材の輝きを放つものが一般的で、もちろんドレスに合ったカラーリングは言うまでもありません。

セミフォーマル(準礼装):昼の装い

■セミフォーマル(準礼装)/昼の場合

名称としてはセミアフタヌーンドレスと言いますが、ツーピースやスリーピースといった比較的アレンジし易いタイプとなってきます。

フォーマルウェアー(正礼装)に比べても流行に乗ったデザインを取り入れることができ、柄の入ったデザインもOK!

そして、スカート丈もノーマル丈(膝下)や膝下より少し長めのミモレ丈(ふくらはぎ)が一般的となってきます。

素材に関しては、シルクや上質なウールなど光沢の無いものを選びます。

アクセサリー類に関しては、フォーマルウェアー(正礼装)と同じく、コサージュやパールなど落ち着いたモノでまとめたいところ(光物は避けてください)。

そして、靴に関してもパンプスやヒールの高いモノを選び、スエードやサテンといった落ち着いたデザインの素材がベストとなってきます。

また、ドレスに合ったデザインの帽子(つばの無いもの))もセミフォーマル(準礼装)では必需品となってきますし、手袋もまた欠かせないアイテムです。

セミフォーマル(準礼装):夜の装い

■セミフォーマル(準礼装)/夜の場合

イブニングドレスほどフォーマルではないカクテルドレスを身に着けるのが、夜に行われる披露宴のスタイルです。

スカート丈はノーマルからミディ丈のモノを選択し、素材に関しては、サテンやラメをはじめオーガンジーやレース、ドレッシイなウールまで色んな素材を選択することが出来ます。

また、色合いについても制限が無く、ロイヤルブルーや赤、グリーンといった華やかな色彩を選択することが可能です。

そして、アクセサリーに関してもゴールドやプラチナといった煌びやかな宝石類で演出することができ、また、ドレスに合ったファッションジュエリーを身に着けるのも良いのではないでしょうか。

ハンドバックに関しても、サイズは小さめのモノを選び、革やエナメルのような光沢のある素材を使用したタイプのハンドバックがベストとなってきます。

また、表面にビーズなどの光る石であしらった華やかなデザインのモノがオススメです。

インフォーマル(略礼装)/昼の装い

■インフォーマル(略礼装)/昼の場合

略礼装の場合、セミアフタヌーンドレス(ワンピースやツーピース、スーツなど)が基本となり、素材も光沢が無く落ち着いた色合いのものを選べば間違いないでしょう(白系は厳禁)。

普段着ているよそ行きのワンピースでも、アクセサリーやハンドバックなどの小物でアレンジすれば、十分披露宴でも身に着けられる一着となります。

その際、気を付けたいのが金、銀、プラチナなどといった宝石類は避けるということ。

出来れば真珠など色合いが控えめな宝石や、コサージュなどでアクセントを付ける事をオススメします。

また、ハンドバックも小さなサイズで布製の素材を選ばれた方が良いと思います。

とは言え、余りにも地味なものは避け、あくまでも披露宴での列席ということなので、ドレッシーさも忘れてはならないところ!

また、帽子や手袋に関しては身に着ける必要はありません。

セミフォーマル(準礼装):夜の装い

■インフォーマル(略礼装)/夜の場合

夜の披露宴では、カクテルドレスやパーティードレスといった華やかなものが基本となってきます。

サテンなどの光沢のある素材を使用し、色合いも華やかなものを選ぶようにしたいです。

また、アクセサリーなども金、銀、シルバー、プラチナといった輝きのある宝石類などでアレンジすると良いでしょう。

ハンドバックに関してもエナメルや革といった光沢のある素材で、普段身に着けないゴージャスなアイテムでコーディネートすれば良いのではないでしょうか。

靴もドレスにあったデザインで、パンプスやバックベルトなどがオススメです。

| ネット通販でも試着が出来る!?フォーマルドレス専門店ならではのサービス
女性用フォーマルドレスの通販サイト:Tisse

フォーマル専門店【TISSE】こだわりのドレス

女性のフォーマルアイテムを専門に扱うネット通販サイト【Tisse】。

フォーマルスペシャリスト検定1級(ゴールドライセンス)を所持するスタッフにより、厳選されたドレスが紹介されています。
また、ユーザーのニーズや問い合わせ等にも十分対処できるサービスが整っていますので、ご購入前の不安も解消♪

更に、公式サイトも利便性に優れた見やすいコンテンツに!
キュートスタイル・シックスタイルやキャリア&ママ・ミッシー&ミセスなど、カテゴリを絞って貴方好みのドレスを簡単にチョイスすることが出来ます。

更にネット通販なのに試着が可能!
対象商品2点が試着可能!もちろん、返品送料は無料です!
ご自宅でゆっくり試着できる画期的なフォーマル専門通販サイト、それが『Tisse』の強み!!

また、フォーマルに必要なバックの他、コサージュ、アクセサリー類もセンスの良いものばかりを取り揃えています。

何かと悩むフォーマルドレスのコーディネート。ココならまとめて簡単に選ぶことが出来ます。是非、試してみて下さい。


フォーマル専門店【TISSE】即日発送・1万円以上で送料無料 フォーマル専門店【TISSE】こだわりのパーティードレス

結婚式・披露宴 服装 コンテンツ