女性の和服正装:基本コーディネート・・・

結婚式 女性の和装:正礼装・準礼装・略礼装

結婚式.com » 結婚式 服装 » 結婚式 女性 和服(和装)選び方

結婚式 女性の和服 正礼装


女性 和服 正礼装:黒留袖

和装はそれだけで格式が高く、また、着る人の立場や年齢によっても着る物が変わってきます。
特に、未婚・既婚などによって分けられてきますので、注意が必要です。

結婚式や披露宴における女性の和服「第一礼装(正礼装)」は黒留袖であり、一般的に新郎新婦の母親、そして親族の既婚者、並びに媒酌人夫人が身に着けるものです。

また、黒留袖と同格の色留袖は、親族や一般の招待客でも身に着けることが出来ます。

未婚の女性 和服 正礼装:振袖

未婚者の正礼装に関しては、「振袖」です。
主に、親族の女性が身に着けるものですが、ここでも一つ注意が必要です。

振袖には、本振袖と中振袖があります。
本振袖は、袖の長さが3尺ほどある着物で、新婦がお色直しの時などで身に着ける振袖です。
親族であっても、避けるようにしてください。

招待客や親族が身に着ける振袖は、足首あたりからひざの間ぐらいの長さがある中振袖を身に着けることとなります。

また、帯に関しても格調高い袋帯を用いますが、花嫁より豪華にならないよう注意してくだい。

一般的には、振袖用の帯やバッグ、草履などがありますから、セット商品を購入またはレンタルされるのが無難かと思います。


結婚式 女性の和服 準礼装

女性 和服 準礼装:訪問着

一般招待客が身に着ける着物は、留袖でよりワンランク下の準礼装「訪問着」からとなります。

こちらは、既婚・未婚に関係なく身に着けられます。

訪問着の特徴は、広げると一枚の絵になっており、肩から胸元、袖に掛けてつながった模様が印象的です。

帯に関しては、金糸や銀糸であしらった格調高い柄の袋帯を二重太鼓に結びます。

未婚の女性でも、年齢的にチョッと振袖を着るのに抵抗があると言う方には、コチラがオススメです。
訪問着の特徴は、広げると一枚の絵になっており、肩から胸元、袖に掛けてつながった模様が印象的です。

帯に関しては、金糸や銀糸であしらった格調高い柄の袋帯を二重太鼓に結びます。

未婚の女性でも、年齢的にチョッと振袖を着るのに抵抗があると言う方には、コチラがオススメです。

結婚式 女性の和服 略礼装

女性 和服 略礼装:色無地 地紋

略礼装で用いられる着物は「色無地の地紋」が一般的です。

おめでたい日に相応しい明るい色合いを選びたいところ。地味な色合いは弔問などでも使われるので、吉祥模様など御めでたい地紋で明るい色を選ぶようにして下さい。

また、帯に関しては銀糸・金糸が使われた華やか袋帯を。
更に、帯締めや帯揚げなども、訪問着で用いられるものを身に着けることによって、色無地を略礼装の趣へと変えることが出来ます。

| 披露宴で着物が着たい♪でも、とっても高価・・・。だったらレンタルが一番!
着物レンタル365

【着物レンタル365】

結婚式は着物で出席したい♪
ドレスも良いけどやっぱり日本の女性は着物です!

だけど、問題なのがやっぱりお値段。なかなか高価で手が出ません。

だったら、レンタルで着物を選びましょう!

そんな女性のニーズに応えてくれるのが、呉服屋が運営する着物専門サイト【着物レンタル365】です!

圧倒的な品揃え。その数2,900着以上!しかも、着物のコーディネートがよく解らない方でも安心なフルセットレンタルもご用意!

もちろん、送料は無料。しかも往復送料無料です!
更に、美容院や式場などご希望の場所への直送もOKです♪

「新品にはこだわらない!」とおっしゃる方なら、是非一度確認してみて下さい。


披露宴の着物なら『着物レンタル365』へ

結婚式・披露宴 服装 コンテンツ