男性の和装(和服)の基本をご紹介

結婚式 男性の和装:正礼装と略礼装

結婚式.com » 結婚式 服装 » 結婚式 服装 男性 和服

結婚式 男性の和服 正礼装


紋付袴 家紋

紋付羽織袴は、男性の第一礼装と言われますが、その中でも正礼装での和の装いは、五つ紋付羽織袴を指します。

五つ紋とは、家紋を五箇所に黒地に白く染め抜いた紋のことを言い、最も格式の高い和装とされています。

染められる場所は、背紋(背縫いの中央)に1つ、袖紋(左右の外袖)に2つ、抱紋/だきもん(左右の胸)に2つの合計5つです。
(尚、家紋に関してはっきり分からない場合は、お好きなデザインのモノを選ぶことが出来るようです)

羽織と羽織下の着物は黒の無地を使い、白く家紋が染め抜いてあるもの。

袴の縞は、年配向きは幅が狭く手に白い末広(扇子)を持つのが正式なスタイルです。

また、草履は畳表で鼻緒の色は白と決まっています。

和装の正礼装は、着る季節や時間帯(昼・夜)を問わず着用出来ることが利点です。
羽織と羽織下の着物は黒の無地を使い、白く家紋が染め抜いてあるもの。

袴の縞は、年配向きは幅が狭く手に白い末広(扇子)を持つのが正式なスタイルです。

また、草履は畳表で鼻緒の色は白と決まっています。

和装の正礼装は、着る季節や時間帯(昼・夜)を問わず着用出来ることが利点です。



結婚式 男性の和服 略礼装

男性 結婚式の衣装:和服(着物)

長着は無地のお召しか紬を着用し、羽織は無地で三つ紋か一つ紋を付けたものを用います。

三つ紋の場合、背紋に1つ、袖紋に2つ。
一つ紋の場合は、背紋に1つのみ染められます。

長着や羽織に関しては、「色羽二重(黒以外)」が格式が高く、次に「お召」、そして「紬」の順になります。

しかし、「紬」に関しては普段着と同じ扱いになるので、もし結婚式や披露宴などで着用する場合は、「お召」を身に着けたほうが良いのではないでしょうか。

また、「お召」を身に着ける際、長着と羽織の色を変えてコーディネートされると良いでしょう。

そして足袋に関しては、紋のついた和装の時は一般的に白足袋を用います。

半衿や帯、羽織紐などの色は、着物に合わせてコーディネイトすれば比較的合わせやすいですし、色合わせに迷うのであれば、半衿と足袋を白にしておけば礼装として十分引き立ちます。

男性和服 紬(つむぎ)【楽天市場】 »

結婚式・披露宴 服装 コンテンツ