どうしても出席出来ない場合は

新郎新婦に不快な思いをさせずに大人な対応を!

結婚式.com » 結婚式 マナー » 披露宴を欠席する場合のマナー

結婚式・披露宴に出席出来ない!どうやって断ろう・・・


結婚式・披露宴 欠席の断り方

結婚式や披露宴を欠席する場合は、新郎新婦の気持ちを考えて余計な言い訳をせず、心からお詫びする気持ちを表しましょう。


結婚式の招待状が送られて来た時点で、出席出来ないと解っていればコチラで記載しているような形で返信すれば良いかと思います。

ただ、ここで問題なのは招待する側がどのような気持ちで招待状を送っているか、という点です。

仕事上の問題や身内の不幸などは別として、新郎新婦の気持ちになって考えれば、些細な理由などで欠席する事は避けたいものです。

自分にとっては重大な事でも、第三者から見れば「どうしてそんな理由で断れるのだろう?」と不思議に思うほどの理由が結構あるようです。
くれぐれも注意して下さい。

また、友達同士なら事前に「出席する」との了承をとっている場合もあるでしょう。しかし、実際返信されてきた招待状には「欠席」に印が・・・。

これは本当にショックです。
期待していた思いが裏切られた様な錯覚に追い散ってしまい、相手(新郎新婦)に悲しい気持ちを植えつけてしまう結果にもなってしまいます。

必ず欠席の場合は、返信ハガキにお詫びの言葉(急用が出来た事への謝罪)とお祝いの気持ちをメッセージとして書き記して下さい。

また、後日落ち着いてから電話や直接会うなどして、言い訳にならないように出席出来なかった理由を報告し、ご祝儀やプレゼントを渡すようにしたいものです。

決してメールだけで済まさないように。縁が切れてしまうかもしれません。

それほど招待する側にとっては、特別な思いがあるのですから・・・。


結婚式や披露宴をドタキャン!最大限の謝罪の気持ちを

結婚式・披露宴に招待する側にとっては、精神的にも金銭的にも辛いマナー違反です。

とは言え、急に葬儀が入ったとか急病になってしまい出席したくても出来ない状況もあるでしょう。

そんな時は、先ずメールや電話等で至急連絡を入れる事!そして、当日は電報を打ち祝福と謝罪の言葉を伝えます。

更に、後日落ち着いてから直接当人に会い、謝罪と欠席した理由、そして出席した場合のご祝儀を渡すようにしたいところです。

ドタキャンしてキャンセルになった食事代などは、新郎新婦が自腹を切る事になるからです。そのため、ご祝儀はそれ相応の金額を包む必要があります。

急遽欠席!代理出席は?

余りオススメできません。新郎新婦にしてみれば、あくまでも「貴方」を招待したわけで「貴方の関係者」を招待した訳ではありません。

とは言え、その代理人が新郎新婦とも面識(交流)があり、事前に連絡して許可を得ることが出来れば問題はないでしょう。

また、ここで注意したいのが披露宴会場で同席するメンバーです。まったくの他人であれば、そのテーブルはギクシャクした余り良い雰囲気とは言えない空気に包まれるかもしれません。

やはり代理人には、そのテーブルの参列者にも面識がある方が相応しいでしょう。

結婚式.com|結婚式・披露宴 マナー

結婚式・披露宴に赤ちゃんと参加 2

招待されて参加するまでに確認しておきたい注意事項があります