会費制・ご祝儀制の結婚式・披露宴

ウェディングパーティー/1.5次会は気軽に参列できる披露宴

結婚式.com » ウェディングパーティー/1.5次会

ウェディングパーティー?1.5次会?どんな披露宴?


会費制の披露宴に招待された。どうしよう・・・

披露宴の招待状が届いた。そこには、「ウェディングパーティーで」と記載されている。
ん!ウェディングパーティー?
一体どんな形式の披露宴なのだろう・・・。

最近よく聞く「ウェディングパーティー」や「1.5次会」といった披露宴の形式。
海外挙式や結婚式だけは事前に挙げて、また別の日時にこういった形で披露宴を催される新郎新婦も多いようです。

通常の披露宴よりもカジュアルで、参列者も気兼ねなしに楽しむ事が出来るこのスタイル。

言えば、披露宴と2次会の中間といった感じでしょうか。
また、演出される進行内容も、乾杯の音頭やケーキ入刀、テーブルラウンドなど通常披露宴で行われる行程はもちろん、参加型ゲームや生演奏、ビンゴ大会など2次会の余興と言われる催しもミックスして行われるのが、「ウェディングパーティー/1.5次会」です。

特に、予算を余り掛けられない若い新郎新婦が、ゲストに負担を掛けず多くの人に参列してもらう為に行う披露宴の形だと言えます。


ウェディングパーティー/1.5次会とは言え、注意は必要

手軽に行えるパーティースタイルとは言え、やはり注意も必要です。

新郎新婦がコンセプトに掲げるパーティーによっては、通常の披露宴と同じようなフォーマルさが求められる場合もあります。

例えば、招待するゲストに会社の上司やお得意先、恩師や親戚の叔父さん叔母さんなどが含まれていると、その方たちに合わせたフォーマルな形式で行われる場合もあります。

料理も着席形式のフルコースなどになると、フォーマルなマナーが求められます。
出席する前に、どんな形での披露宴なのかを今一度確認しておいて下さい。


会費制とご祝儀制の違い

披露宴:ご祝儀制と会費制

ご祝儀制とは

通常、結婚式の披露宴に招待されると、ゲストはご祝儀を持参します。
いわば、これが『ご祝儀制』と言われるスタイルです。

主に披露宴での料理は、コース料理として提供されます。
その為、これに見合った金額のご祝儀を包む事となりますが、安い相場としても約3万円ほどは包まなければなりません。

この金額は若い方にとっては相当重い出費となり、披露宴参加への高い敷居ともなります。

ご祝儀の金額相場の詳細はこちら(姉妹サイト)»


会費制とは

披露宴の後の2次会。比較的若いゲストの方中心に催されるこのイベントは、通常会費制で行われます。

会場も比較的カジュアルな場所(レストランやカラオケバーなど)で行われ、誰もが気軽に楽しめる時間となるのではないでしょうか。

ウェディングパーティーや1.5次会は、まさにこの手軽さをプラスした披露宴スタイルだと言えます。

料理も、ビッフェスタイルが多いようで、立食タイプが主流となってきます。

因みに、会費は現地で支払う事となります(相場:約15,000円~20,000円ほど)。
別に新札である必要はありませんし、ご祝儀に包む必要もありません。ただ、お釣りは出ないようにしたいものです。

1.5次会。どんな服装で行けば良いの?

ウェディングパーティー/1.5次会:衣装・ドレス・服装

セミフォーマルを基本として・・・

カジュアルOK!!
とは言え、やはりそこは披露宴の場。余り普段着での参列というのは大人として「?」が付きます。

もちろん、ガーデンウェディングなどの場合には、招待状に「普段着で」「ジーンズOK!」のように「平服でお越しください」などの要件が記載されている場合もありますが、一般的にはフォーマルなスタイルが基本となります。

それに、どんなスタイルの披露宴か判断が付かない場合などは、特に着崩しできるようセミフォーマル(略礼装)な服装で参加するのが無難です。
カジュアル(普段着)な服装だと、会場で礼装にアレンジするのは当然無理なので・・・。やはり、ドレスダウン出来るようにフォーマルな恰好で参加するのが無難です。

参考までに
» 結婚式の服装選び(女性の正装
» 結婚式の服装選び(男性)/洋服


それでもカジュアルで参列して下さい!

新郎新婦の意向により、「平服でお越しください」を強く要望している場合などは、どういった服装がベストなのでしょう。

比較的友達同士がメインとなって行われる1.5次会などでは、こういったケースが考えられます。また、場所も居酒屋やカラオケバーなどといった、普段利用しているカジュアルな場所が一般的です。

先方の要望でもあるので、「では、Tシャツにジーパンや短パンで参列しよう!」。女性なら「いつものキャミソール。靴はミュールでぇ!」。
まさに普段着での参加です!

もちろん、これらはNG!!
カジュアルとは言え、そこにはやはり『大人のマナー』が存在します。

では、一体どういった服装が相応しいのでしょうか。

◆女性の場合
カジュアルの許容範囲といっても、女性の場合は小物などを含めると非常に幅が広く、逆に服装選びには苦労をします。
よく「普段着よりも少しオシャレに!」なんて表現されていますが、なかなかアバウト過ぎて難しいのも事実です。

そこで先ず抑えたいのが、NGと言われるポイントではないでしょうか。

・肩や背中の露出が多いファッション
・ミュールやサンダル、オープントゥなどのパンプス
・素足(ストッキングは着用)
・デニム生地
・キラキラ系のビジュー
・革素材や毛皮などの動物系(フェイクも含む)

基本は、単色無地のワンピース。膝丈ほどの長さで露出の少ない袖付きが無難でしょうか。
生地素材は、サテン系の少し光沢がある素材が人気のようです♪
花柄カットワーク 七分丈 Aライン

花柄カットワーク 七分丈 Aライン

ワンランク上の大人な雰囲気を演出するのにピッタリなワンピース!

アールヌーボ調のカットワークが施されたデザインは、少し素肌が見え隠れする上品なセクシーさを表現しています♪

また、ウエストラインをリボンで調節できるので、貴方に合った好みのラインをデザインする事ができます。

まさに、1.5次会に相応しいおススメのワンピースです♪

楽天市場でもランキング入賞するほどの、今注目のワンピ!
更に、「結婚式ワンピース・パーティードレスの専門店」ならではの価格は、デパートで販売されている類似品の半額以下となっています!

» 花柄カットワーク 七分丈 Aライン 1021

◆男性の場合
スーツとまでは言いませんが、基本、上着にはジャケットを羽織りたいところ。また、胸ポケットにはハンカチでも良いのでポケットチーフを忍ばせたいです。
» ポケットチーフの折り方【結婚祝.com】

そして中のトップスに関しては、上着を脱ぐことを考慮して色柄物のオシャレな襟付きのシャツを身に着けると、よそ行き感が出せるのではないでしょうか。

ネクタイも、普段余り身に着けない少しカラフルなデザインのモノを選ぶと良いかも知れません。
こういうスタイルであれば、下がカジュアルなパンツでも非常に清潔感が出てきます。

また、肝心なのが足元。人目を惹く部分でもあるので、普段履いている革靴であっても、しっかりと磨いておく事はお忘れなく!
(*スニーカーやブーツは避けたいところ)
アマゾンのフォーマルスーツ

品揃えも充実!フォーマルスーツはアマゾンでのご購入がお得!

THE SUIT COMPANY、洋服の青山、紳士服はるやまなど、信頼のある企業が提供するフォーマルアイテム。

お手軽なノーブランド物からKANSAI YAMAMOTOやMARIO VALENTINO、Lloyd Club、YUMI KATSURAなどよく知られるブランドも数多くご提供!

そんなメンズフォーマルをお手軽に購入出来るのが『amazon.co.jp』!

通常配送は無料!しかもamazonプライム会員になれば、当日お急ぎ便:514円(税込)、お急ぎ便:360円(税込)、お届け日時指定便: 360円(税込)も無料となります。

もちろん、お支払いはクレジット各種、代引き、コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いなどが利用出来ます。

販売先によっては、当日発送も行っているお店もあります。
急な入用でも対応できるのが、amazon.co.jpの良いところです。


メンズフォーマルをアマゾンで購入
| 買う前に先ずはカリル!ドレスをレンタルすると言う発想♪
結婚式のドレス・2次会のアクセサリーをレンタルする

結婚式・2次会・パーティに便利なブランドレンタルCariru

結婚式に呼ばれたけど今月は出費がぁ・・・。ドレスやアクセサリーにまでお金がまわらない!
買ってしばらく経つけどあのドレスで大丈夫だろう・・・。えぇ!入らない?

こんなピンチに役立てて欲しいのが、ネットレンタル【Cariru】なんです♪

インターネットを使っての高級ブランドバッグ・アクセサリーを初めてレンタルという形で行ったのは、実はこのサイト!
だから実績とサービス、そして品質へのこだわりは業界No1クラス!

また、複数アイテムを一度にレンタル出来るので、披露宴や結婚式の2次会などのコーディネートにはピッタリなサイトです!

もちろん、レンタルして気に入ったのであれば購入も可能です(レンタル料から割り引いた価格でのお値段で)。

新品にはこだわらない!という方なら、購入前に気に入ったドレスやアクセサリーをレンタルで試してみると言う発想もできる便利なサイトです。

最新の雑誌掲載商品から憧れの定番商品まで、魅力溢れるアイテムが満載!
是非、公式サイトでチェックしてみて下さい。


ドレスをレンタルするという考え方